唐津

佐賀県唐津のみどころ

先日からはじめた佐賀県の魅力をお伝えするシリーズ、今回は唐津の見所をご紹介します。

玄界灘に面した城下町

東松浦半島の根元に位置する、もと唐津藩の城下町。焼き物や城なども有名ですが、地元民たちの思い入れは日本三大くんちのひとつ「唐津くんち」に集中しています。祭りの期間中は町中が盛り上がり、非ごりは穏やかな唐津民たちもヒートアップして祭りに酔いしれるのです。

 

唐津城

唐津の観光名所の唐津城

優美な天守閣で知られる唐津のシンボル

唐津初代藩主・寺沢広高が慶長7年(1602)年から7年をかけて築城させた唐津城。別名を舞鶴城とも呼ばれる。名護屋城の解体廃材を用いて造られた。現在の天守閣は1966年に完成されたもの。桜と藤の名所としても有名だ。

 

虹ノ松原

約5キロの松のトンネルは日本三大松原のひとつ

唐津初代藩主、寺沢広高が造った全長5キロ、幅約1キロにも及ぶ松林。県道347号線を通ってドライブ途中に車で松のトンネルをくぐることができる。虹の松原の駐車場で営業しているご当地グルメとして有名な唐津バーバーがある。佐賀の国産牛と豚の合い挽き肉のパテとスパイスの効いたソースが特徴のスパイシーなご当地バーガーだ。虹ノ松原に立ち寄った際にはぜひ味わってみよう!

豆腐料理かわしま

唐津焼の器で楽しむ唐津名物ざる豆腐

ざる豆腐で知られる老舗「川島豆腐店」の食事処。朝と昼は豆腐料理。夜は若大将が腕を奮う本格割烹の味が楽しめる。

松風

唐津を代表するホテルにある極上の日本料理店

玄界灘を眺めながら食事ができる唐津きっての日本料理店。唐津で獲れた旬の魚介や山の幸を、確かな腕で調理してくれる。各地の銘酒も取り揃えている。

唐津くんち

唐津観光の際には必ず参加したいお祭り

唐津っ子が熱くなる、唐津最大の行事

毎年11月2から4日に開催される唐津神社の秋季例大祭。漆の張子で作られた巨大な曳山が、笛や太鼓などのお囃子とともに街を練り歩く。最終日には唐津駅と唐津市役所間の道に曳山が並ぶ様は圧巻だ。