旅館:ななかまど

今回もオススメ旅館のご紹介です。

大分県の九重にある筋湯温泉【ななかまど】です。ここは独身時代にお付き合いしていた方と、そのご両親と行った温泉旅館です。部屋はこじんまりとしていましたが、モダンな雰囲気のするとてもきれいなお部屋でした。入り口が離れのような感じでした。もちろん部屋風呂付き!これがゆっくりできていいですよねー。食事はお食事処にて。とにかくものすごいボリュームでした!何年も前なのでメニューは覚えていませんが、食べきれないほど!温泉はこの旅館以外でも街にあり、夕食前に散歩しながら立ち湯など色々な温泉を楽しみました。1月だったのでとても寒かったのを覚えていますが、調子に乗って男女に分かれて『40分後に集まろう!』と言う約束で温泉へ入ったのですが、遅くて待たせてしまうといけないと言う思いから早めに上がり、寒い中外でメンバーを待っていたのが失敗でした。湯冷めしてしまったのです。その時には分からなかったのですが、その夜中、体がゾクゾクし始め、暖房を入れて布団をかぶっても寒くて仕方ありません。ついには胸がムカムカしてきてトイレで何度も戻す始末・・・(泣)これはおかしいと限界を感じ、飲んで食べてスヤスヤ眠る彼を起こし助けてもらうことに・・・。といっても夜中の1時頃です。薬もないし体温計もないし、離れの部屋だしでどうするのか。今となっては気分悪くてフラフラだったのであまり覚えていませんが、24時間で営業している旅館に行って解熱剤等を買ってきてもらいました。朝になっても良くならない体調。それどころか飲んだら戻すしで、もっと最悪に。美味しいはずだった豪華な朝食も泣く泣くキャンセルに。ななかまどの方は気を使ってくださって、『おかゆを作りましょうか?おにぎり食べてみますか?』と声かけしてくれたのを覚えていますが、とてもじゃないけど、食欲も何もありません。想像しただけでも吐き気がしていたので優しいお心遣いだけいただきました。そして、チェックアウトして帰りはどこにも寄らず、観光せず、ただまっすぐ帰宅しました。帰宅までの移動時間2時間がたまらなくキツク大変でした。

と、まぁ、なんと残念な温泉旅行だったわけですが、いい勉強になりました(笑)宿の方も親切でしたし、豪華な夕飯だけでも美味しくいただけたのが、せめてもの救いです。彼のご両親も心配してくれて、申し訳ないやら何と言うやらで、苦い思い出です。このリベンジをいつの日かしたいと思います!(笑)