正しい温泉の入浴方法

知っていそうで意外と知らない正しい温泉の入り方をご紹介いたします。より体に効果的な入浴方法を実践して温泉の達人を目指しましょう。

1.入浴前のかけ湯の2つの意味を知ろう。

まずは、湯船に入る前にかけ湯をし、「これからお風呂に入る」というサインをあらかじめ体にすることで、血管をゆっくりと広げ、体への負担を減らします。

2.まずは半身浴でゆっくりとつかろう

はじめから一気に肩までつかると、肺が押されてしまい疲れてしまいます。半身浴なら温められた血液が徐々に循環するので、体に負担をかけることはなく、体全体がポカポカと温まっていきます。

3.温度に応じた入浴にマッサージをプラスしよう

湯船につかる回数は、一度の入浴につき2回が目安です。42℃以上の熱めのお湯の場合は、10分程度の入浴。37℃から39℃くらいのぬるめお湯なら20分程度の入浴が目安となります。入浴中のマッサージは、血行を促進し温泉効果を高める働きを担ってくれます。

4.上がり湯はせず、ひざから下に水をかける程度にしましょう。

湯上りのかかり湯は、しないほうが良いといわれていますが、温泉の成分によっては、肌が負けてしますので、刺激を感じたらかかり湯をしましょう。またひざから下に冷たい水をかければ湯冷め防止にもなります。

5.入浴で失われた水分はしっかり補給しましょう

温泉に入ると、体の中の水分が減少し、脱水症状に陥る場合もあります。湯上りには十分な水分補給を行いましょう。また、化粧水は汗が引いて角質が潤っているうちにつけるのが効果的です。